TSUTAYA Tカード プラス審査の口コミ評判

TSUTAYA Tカード プラス審査のコツや口コミ・評判や対象制度、年会費の仕組み、保険システム、特典、Tポイント、ショッピング、キャッシングや還元率、審査の時間、申込方法といったポイントを紹介。

住信SBIネット銀行 Tカード プラスの審査に通るための7つのポイント|口コミ・評判まとめ

TSUTAYA Tカード プラスなら、20歳以上で、本人に安定した持続収入の方やアルバイト・パート・派遣の方、また自身の配偶者に安定した継続の収入のある人が申し込み可!Tポイント提携先とクレジット加盟店で貯まるTポイント二重取りに加え、ホテル/レジャー施設が特別価格!お得な会員限定サービスを満載したカード。キャッシングも10万〜99万円まで。低金利の年18.00%で、一括返済方式・元金定額返済リボルビング方式を設定。ショッピングも利用料金に応じて回数指定分割払いとリボルビング払いが用意され、Tポイントもどんどん貯まる。さらに楽しい旅を現地でバックアップする「ワールドワイドサポートサービス」に、アプラスとCNプレイガイドが共同でご提供する「アプラスチケットサービス」等も装備している。!


TSUTAYA Tカード プラス審査のコツや口コミ・評判や対象制度、年会費の仕組み、保険システム、特典、Tポイント、ショッピング、キャッシングや還元率、審査の時間、申込方法といったポイントを紹介。

Tカード プラス詳細

住信SBIネット銀行Mr.カードローン■商品名正式名称
TSUTAYA Tカード プラス


■国際ブランド
JCB、VISA


■カードフェイス
@JCB:ブルー色の{モデル|タイプ|デザイン}
AVISA:シルバーカラーの・盗難等の損傷を補償いたします。
※一部のカードのみのサービスとなります。

Aアプラス保険サービス
アプラスオススメの保険・サービス。アプラスから暮らしにおトクな保険の案内です。
B盗難紛失保障
お届けの日の60日前に過去にさかのぼって、不正使用された損傷料金をアプラスが負担いたします。


■追加可
・ETCカード


■担保や保証人
不要


■提携信用情報機関
◆全国銀行個人信用情報センター
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
TEL:03-3214-5020
ホームページアドレス:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/


※必ず申込みになる本人の方が入力ください。入力内容をもとに所定の審査のうえ、入会手続きをします。
※カード発行手続に際し、自宅またはお勤め先に連絡することがあります。
※本サービスの申込受付は、日本国内に滞在し、アプラス株式会社の提携する金融機関に支払口座をお持ちの方に限る。
※年末年始やゴールデンウイークなどの大型連休は、カードお届けまでに時間がかかる場合があります。
※運転免許証または運転経歴証明書の交付がある人は、運転免許証または運転経歴証明書での本人確認が必要になるので、必ずご用意ください。なお、運転免許証や運転経歴証明書の交付の有り無しが確認できない場合、お電話で確認いたしますので了承ください。
※当方へ送届けた書類は返戻できません。

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローンTOP

 

 

仮審査システムで審査に通る確率アップ!

住信SBIネット銀行Mr.カードローンカードローンの評決というものは、実際に申込をして受けてみなければ結果がわかりません。
その人の属性から予想は可能ですが、結局はクレジットカード業者の審査の基準でそれぞれ違うものなので、絶対に審査に落ちない!とは第三者カードローン業者以外は断言できません。
クレジットカードの申し込みをしておいて
「審査に落ちたい!」という人はいらっしゃらないと思いますが、審査に通るか通らないか、その審査結果がわかるまでは不安でいっぱいになりますよね。

 審査への不安を軽くできるサービスがあることをご存知でしょうか。
それは、自動仮審査システムで、「お試し診断」や「お借り入れ診断」という名で展開されています。

 このサービスでは、年収や勤続年数、住居の形態や他社からの借入件数や融資額などの実際の審査に用いる項目をインターネットから入力するだけで、コンピューターが自動的に融資できるかどうかを出力してくれるのです。

 この自動仮審査システムでは、本審査のように信用情報を請求して審査結果を算出しているわけではありません。
それは、信用情報に傷をつけることなく、カードが作れるかどうかを信用情報を汚すことなく判断できるのです。ですから、借入診断やお試し診断を用意しているありとあらゆる会社でお試し診断を何度試してみても、何ら問題はないわけです。
その中で申込に問題がなさそうな会社を選んで申込をすれば、お金を借りられる可能性は格段に上がりますよね。

 しかしあくまでこれは予想であるので、仮審査で「融資可能」という結果が出たからといって、絶対にショッピングが出来る、というわけではないのです。
それでもこの診断で「カード製作可能」と判断されればショッピングが出来る可能性はしなかった時に比べて高まるでしょうから、利用してみない手はありませんよね。

 この仮診断の導入には、多大なコストがかかります。
ですので、お試し診断は大手の会社、たとえば大手などの有名カードローン会社でしか用意できないサービスとも言えるでしょう。
「この会社は安心して利用できる」という判断を下せる材料の1つにもなりますので、このサービスのあるカードローン業者で借入の審査を行ってみる前には、ぜひとも仮審査を使ってみることをお薦めします。